でんさいサービス

全銀電子債権ネットワーク(でんさいネット)のホームページはこちら

「でんさい」のメリット

支払企業さまのメリット

支払企業さまの悩み「でんさい」を活用した場合
手形の発行は事務手続きが面倒。
搬送費の負担も大きい。
「でんさい」を使えば、手形の発行、振込の準備など、支払いに関する面倒な事務負担が軽減されます。
手形の印紙税負担が大きい。手形と異なり印紙税は課税されないので、コストが削減できます。
手形・振込・一括決済など、複数の支払手段があり、非効率。手形、振込、一括決済など、複数の支払手段を一本化することも可能となり、効率化が図れます。

【ポイント】

支払企業さまにとっては、従来の手形発行に係る事務手続きが軽減され、搬送や保管コスト等が削減できます。また、手形と異なり、印紙税が課税されません。

【決済手段の特徴にあわせたメリット】

手形の発行が多い場合

  • 取引金融機関のインターネットバンキング等を通じて、権利の発生(手形の振出にあたります)や譲渡、振込準備等の手続きができるので、支払いに関する様々な事務負担が軽減されます。
  • 手形の現物がなくなることで搬送や保管等の必要がなくなり、印紙税が課税されないなど、コストの軽減にも繋がります。

掛取引での仕入れが多い場合

  • 他の企業から受取った「でんさい」を納入企業に譲渡することで、支払いに充てることも可能であるなど、これまで資金繰りのための利用が難しかった債権を、有効利用できるようになります。

複数の支払方法を利用している場合

  • 複数の支払方法を電子記録債権に集約していくことで、それぞれの支払方法ごとに必要とされる事務手続きの効率化や、コスト削減効果などが期待されます。
  • 資金の入金や支払い等のプロセスが可視化され、一元的に管理可能となることで、資金の効率的な運用も可能になります。

納入企業さまのメリット

納入企業さまの悩み「でんさい」を活用した場合
手形の場合、紛失や盗難が心配。
保管も面倒。
ペーパレス化により、紛失や盗難の心配はなくなります。厳重に保管、管理する必要がなくなりますので、無駄な管理コストを削減することができます。
手形の場合、必要な分だけ譲渡や割引ができず不便。必要な分だけ分割して譲渡や割引をすることができます。手形にはない、「でんさい」特有の大きなメリットです。
手形の場合、取立手続きが面倒。支払期日になると取引銀行の口座に自動的に入金されますので、面倒な取立手続きは不要です。
振込の場合、入金日までの資金繰りが大変。「でんさい」であれば、これまで資金繰りのために利用できなかった債権も、譲渡や割引などが可能になり、無駄なく有効に活用することができます。

【ポイント】

納入企業さまにとっては、手形の紛失・盗難のリスクがなくなるほか、手形の裏書譲渡と異なり、必要な金額だけ分割して取引先に譲渡することができます。また、支払期日前の割引による資金調達も可能です。

  • ※金融機関所定の審査がございます。

【決済手段の特徴にあわせたメリット】

手形の受取りが多い場合

  • インターネット等を通じて発生譲渡等の各種手続きができ、支払期日に自動的に取引銀行の口座に入金されることから、従来の手形の受領・取立にかかる面倒な手続きは不要になります。
  • 手形の現物が存在しないので、紛失や盗難などのリスクがなくなるとともに、これまでのように厳重に手形を保管・管理する必要もなくなり、管理コストの削減にも繋がります。
  • 必要な金額分だけ分割して他社への支払いに充てたり(「でんさい」の分割・譲渡)、取引銀行に割引(期日前の資金化)を依頼することができます。

掛取引での販売が多い場合

  • 売掛債権を電子債権記録機関のデータベースに電子記録して「見える化(可視化)」することが可能になるので、保有する債権の存在や帰属、内容、入金等の確認が容易に可能となり、これまでよりも管理しやすくなります。
  • 金融機関への割引依頼や他社への支払いのための譲渡、必要な金額への分割など、従来は資金調達手段としての利用が難しかった売掛債権が、有効活用できるようになります。
  • 商取引に付随する債権・債務の発生とともに、実際の資金の移動が電子的に記録・処理されることでコンピューターで有機的な管理がしやすくなり、経理事務の効率化に繋がります。

(平成25年2月4日現在)

電話で相談する

《いわぎん》でんさいヘルプデスク

0120-187-660

平日9:00~18:00(銀行休業日は除く)

※お客さまの電話の種類(IP電話など)によっては、フリーダイヤルがご利用いただけない場合があります。

店舗で相談する

ページトップへ戻る