外部サイトへの接続

ここから先は預金保険機構ホームページのホームページになります。

《いわぎん》インターネットバンキング

定期預金作成のご案内

お預けいただくご預金等の重要事項についてのご説明

元本割れについて(預金保険制度)

  • お預けいただく「次の一覧表太枠の預金等」は預金保険制度の対象であり、預金保険制度の範囲内で保護されます。
  • 保護の範囲は時期や商品毎に定められており、同一金融機関の本支店、対象預金等を合計して、1預金者当たり元本1,000万円とその利息であり、それを超える部分につきましては必ずしも保護されない場合があります。
〈 預金保険対象と保護の範囲 〉
預金保険の対象商品
商品の分類期間

当座預金、普通預金、別段預金

  • 全額保護(平成14年4月~平成17年3月までの期間)
  • 利息のつかない等の条件を満たす預金は全額保護(平成17年4月以降の期間)※2

定期預金、貯蓄預金、通知預金、定期積金、元本補てん契約のある金銭信託(ビッグなどの貸付信託を含みます)、金融債(保護預り専用商品に限ります)など※1

合算して元本1,000万円までとその利息等を保護※3

1,000万円を超える部分は、破たんは金融機関の財産の状況に応じて支払われます(一部カットされることがあります)。

預金保険の対象外商品
商品の分類期間

外貨預金、譲渡性預金、元本補てん契約のない金銭信託(ヒット、スーパーヒットなど)、金融債(保護預り専用商品以外のもの)

保護対象外

破たんは金融機関の財産の状況に応じて支払われます(一部カットされることがあります)。

  • (※1)このほか、納税準備預金、掛金、預金保険の対象預金を用いた積立・財形貯蓄商品が該当します。
  • (※2)決済用預金といいます。「無利息、要求払い、決済サービスを提供できること」という3条件を満たすものです。
  • (※3)定期積金の給付補てん金、金銭信託における収益の分配等も利息と同様に保護されます。

預金保険制度についての詳細は、預金保険機構ホームページをご覧ください。

解約時期の制限等について〔定期預金(積立・財形商品含む)、定期積金、通知預金の場合〕

  • 定期預金、定期積金、通知預金については、満期日前または据置期間満了日前に解約することは原則としてできません。
  • 当行がやむを得ないものと認めて満期日前または据置期間満了日前に解約する場合には、規定に基づき中途解約利率が適用され、約定利率よりも低い利率となります。

預金保険制度、解約期間の制限等についてご不明な点がありましたら、窓口までお問い合わせください。

インターネットによる定期預金預入のご案内

定期預金

ご指定の普通預金から払い出して、以下の内容で総合口座定期預金を作成いたします。

  • インターネットバンキングで作成する定期預金は、総合口座の定期預金(イーハトーヴ支店を除く)とさせていただきます。作成する定期預金の商品は、「スーパー定期預金」「変動金利定期預金」「満期自由型定期預金」「期日指定定期預金」となります。
    なお、預入金額は1万円以上1,000万円未満とさせていただきます。
  • 作成する定期預金は、自動継続定期預金とし満期日には元利金を同じ条件で自動的に継続させていただきます。
  • 定期預金の利率は預入指定日の利率が適用となります。
  • お利息の課税方法については、「分離課税」の扱いとさせていただきます。
  • 総合口座で作成できる定期預金は、23件までとなります。
  • 定期預金の満期時(預入期間6ヵ月以下を除く)には、満期のご案内を送付させていただきます。イーハトーヴ支店については、満期のご案内の送付はございません。
  • 定期預金の中途解約は、窓口でのお取扱いとなります。中途解約の場合には、当行所定の中途解約利率を適用いたします。
    イーハトーヴ支店は、フリーダイヤル0120-788-506までお問い合わせください。
  • お取引の内容については、窓口で通帳を記帳されるか、定期預金メニュー画面の「明細照会」でご確認願います。イーハトーヴ支店では、預金通帳・証書の発行はいたしませんので、定期預金メニュー画面の「明細照会」でご確認願います。
  • 定期預金は預金保険制度の対象であり、預金保険制度の範囲内で保護されます。

積立定期預金

ご指定の普通預金から払い出しして、以下の内容で積立定期預金に随時入金をいたします。

  • インターネットバンキングで預入できる積立定期預金は、「しあわせ積立定期預金」自由型および目的型となります。
  • 預入金額は、5,000円以上とさせていただきます。
  • お預入れのつど、各別の「3年後の応当日を満期日とする期日指定定期預金」(以下「3年指定定期」といいます。)とします。
  • 同一日に預入れされた預金は、これを取りまとめ1口の「3年指定定期」とします。
    「3年指定定期」は、継続の停止または解約の申出がない限り満期日に元利合計額および満期日に預入れがある場合は、これを合算した金額をもって「3年指定定期」として継続します。継続された預金についても以後同様とします。
  • 利率は、預入単位ごとに預入日における利率が適用となります。
  • お利息の課税方法は、「分離課税」の扱いとさせていただきます。
  • 積立定期預金は預金保険制度の対象であり、預金保険制度の範囲内で保護されます。
商品の詳細

作成する定期預金の詳細をご覧いただけます

利率

預金の利率をご覧いただけます

ページトップへ戻る