FAQ

1.岩手銀行について

A.「地域社会の発展に貢献する」「健全経営に徹する」という2つの経営理念を掲げています。この経営理念は創立以来続く当行経営の基本姿勢です。
堅実な経営基盤を確保しながら、地域への安定的かつ良質な資金・付加価値の高いサービスを提供するなど、お客さまと地域社会の発展に寄与する活動を行っていきます。

A.現在当行は中期経営計画「いわぎんフロンティアプラン 2nd stage ~ The・イノベーション ~」を展開しています。キーワードとなる「イノベーション」に積極的に取り組み、地域ともに勝ち残るという戦略ビジョンです。具体的にはリスクを取る文化への変革や事務フローの効率化などにより収益力を強化するほか、ICT(情報通信技術)の活用による従来とは異なる店舗の導入、地場産業の育成強化など、今までの概念にとらわれない変革に積極的に挑戦していきます。

2.会社説明会について

A.就活支援ナビ(リクナビ、マイナビ、キャリタス就活など)などが主催する「合同企業説明会」は、申込不要でどなたでも参加いただくことが可能です(出展日程はこちら)。また、当行独自に行う「単独企業説明会」もご用意しています。こちらは3月1日以降にマイページを通じてご案内いたします。盛岡・仙台・東京の3地区で開催しますので、お気軽にご参加ください。

A.会社説明会への参加は選考エントリーの要件ではありません。当行や業界のこと、銀行の仕事を学生の皆さんに知っていただくことを目的に開催しております。

3.採用選考について

A.現在当行では、総合職・一般職・地域限定職などの職種別採用は行っておりません。
入行する方は皆さん同様に研修会やOJT・自己啓発などを通じてスキルを磨き、キャリアアップしていただきます。

A.まずは当行ホームページからプレエントリーをお願いします。その後、マイページを通じてエントリーシートの提出ができますので、期限内にご提出ください。これで当行への正式応募が完了となります。

A.エントリーシート提出後、書類選考を通過した方に面接を受験いただきます。面接は原則3回行われます。その他に筆記試験、WEB適性検査を経て、6月以降に最終結果をご連絡いたします。

A.盛岡・仙台・東京の3地区で採用選考を行いますので、受験可能な会場をお選びください。

A.出身学部や学科、文系・理系を問わず、全学部全学科の方を採用対象としています。銀行員として必要な知識やスキルは研修などで身に付けることができますので、心配はいりません。銀行業務は年々IT化が進んできており、理系出身の方の活躍の場がますます広がっています。

A.地域のお客さまから信頼していただく銀行員になっていただくため、コミュニケーションのスキルは必要不可欠です。多くの人と話し、自分の考えを相手に伝える、そういった経験を積んできている方、大歓迎です。また、銀行員は入行後も継続的に勉強が必要な仕事でもあります。お客さまのためにスキルアップをしていくという、向上心を持ち続けることも重要となります。
そして何よりも、「岩手が好き」という熱い気持ちを持った方、是非ご応募をお待ちしております。

A.過去3年間の採用者数は以下のとおりです。
〔2017年度〕:86名(男性36名、女性50名)
〔2016年度〕:86名(男性39名、女性47名)
〔2015年度〕:103名(男性38名、女性65名)

4.働き方について

A.一般的に2~4年程度のサイクルで転勤があります。営業店の状況や行員の適性、人事考課等を総合的に判断し、転勤先を決定します。様々な地域で身に付けた経験を実務に生かしていただきます。

A.原則、岩手県内外の営業店に配属となります。配属店にてジョブ・ローテーション制度により、2~3年かけて銀行業務の基本を学んでいただきます。

A.全行員の平均残業時間は月10.3時間(2016年度実績)です。月の営業日数を20日と想定すると一日当たり約30分の計算となります。不必要な残業はしないという風土が根付いています。

A.ライフスタイルに合わせた様々な休暇制度をご用意しています。利用率の高い休暇制度を3つ紹介します。
〔連続休暇制度〕:年に1回、連続して7日間以上10日間以内で休暇を取得します。
〔ワーク・ライフ・バランス休暇制度〕:2016年4月から新しく導入された休暇制度です。年に4日以内で休暇を取得します。
〔半日休暇制度〕:年に10回以内で半日休暇(午前のみ・午後のみ)を取得できます。通院などの予定に合わせて利用が可能です。

A.産前・産後休暇、育児休業制度、復職サポートが充実しており、育児をしながら仕事を続けられる環境を整えています。2018年3月からは企業内保育所の運用がスタートし、子育て世代の行員を全面的にバックアップしています。

5.人材育成について

A.当行の最も重要な財産は「人」です。人材こそが企業発展の根幹であり、当行の発展も「人を尊重する」という行風が時代の変遷を越えて育まれ続けてきたからにほかなりません。そのため当行では、行員の自己実現に向けた意欲に応える多彩な人材育成プログラムを用意することで、行員一人ひとりのキャリア形成を積極的に支援しています。

A.ジョブ・ローテーション制度により、入行後2~3年間は基本的な銀行業務を身に付けていただきます。その後、自身の担当業務のスキルを高めていただく業務別研修会、年代毎に必要なスキルを身に付けていただく階層別研修会、専門的なスキルを身に付けていただく行内資格取得や行外派遣研修などを通じ、金融のプロフェッショナルを目指して、スキルアップしていだきます。

A.入行直後の4月に2週間程度、集合研修会が行われ、ビジネスマナーや就業規則、銀行業務の実務などを習得していただきます。入行初年度は3ヵ月に1回程度、継続的に研修が行われ、顧客訪問ロールプレイなどの研修カリキュラムを通じてコミュニケーションスキル向上や、銀行実務を身に付けていただき、一人前の銀行員を目指します。

6.その他

A.原則、人事部を通じての受付はしておりません。ただし、学生の皆さんが個人的にOB・OGに連絡を取って会っていただくことは可能です。

Top