はじめての投資信託

Lesson1 Lesson1
はじめての投資は
「コツコツ積立」が
おすすめ!
長期運用で資産形成
しよう

●必ずご確認ください

これから資産運用を始める「投資初心者」の方には、コツコツと積み立てられる「積立投資」がおすすめです。
「積立投資」は、「長期・積立・分散」投資という資産運用の三原則に即したものなので、「投資初心者」の方でも始めやすい運用方法といえます。
ここでは、「積立投資」の特長や、コツコツと積み立てをすることがおすすめとされる理由について解説していきます。

「預金」と「投資」の違いって?

毎月1万円ずつ20年間、「0.001%」の複利で銀行に「積立預金」をすると、20年間で受け取れる預金利息は239円です。したがって、元金を合わせると240万239円という結果になります。
一方、毎月1万円ずつ20年間、たとえば「3.0%*」の複利で「積立投資」をする場合を考えると、20年後には88万3,020円の運用益が出て、合計で328万3,020円になります。

積立金額と運用成果

この結果から、「積立預金」と「積立投資」の差額は20年間で 88万2,781円にもなることがわかります この結果から、「積立預金」と「積立投資」の差額は20年間で88万2,781円にもなることがわかります。

  • 投資対象となる金融商品によって利回りは異なりますが、ここではモデルケースとして3.0%を採用します。なお、将来的な利回りを保証または示唆するものではありません。
  • いずれも各種手数料、税金等は考慮しておりません。

「投資初心者」におすすめの「積立投資」とは?

「積立投資」とは、「株式」や「投資信託」などの有価証券を一定の規則に基づいて買付けする方法です。

  • 当行では「投資信託の積立投資」をご利用いただけます。「株式の積立投資」のお取扱いはございません。
投資信託のしくみ

「投資信託(ファンド)」とは、投資家から集めたお金をひとつの大きな資金としてまとめ、運用の専門家(ファンドマネージャー)が「株式」や「債券」などに投資・運用する商品で、その運用成果が投資家それぞれの投資額に応じて分配される仕組みの金融商品です。集めた資金をどのような資産対象に投資するかは、「投資信託」ごとの運用方針に基づきファンドマネージャーが決定します。

「投資信託」の運用成績は市場環境などによって変動します。「投資信託」の購入後に、「投資信託」の運用がうまくいって利益が得られることもあれば、運用がうまくいかず投資した額を下回って、損をすることもあります。つまり、「投資信託」は元本が保証されている金融商品ではありません。 この点は銀行の「預金」とは違うところですので注意が必要です。

特定の上場会社の「株式」を購入する場合は、一度に数十万円から数百万円といったまとまったお金が必要になりますが、「投資信託の積立投資」は金融の専門知識がなくても少額(当行では5千円以上1千円単位)からの投資が可能なので、若い世代の方や「投資初心者」でも始めやすい資産運用サービスといえます。

  • 当行では「投資信託の積立投資」に関するサービスを取扱っています。このサービスを「投資信託定時定額購入サービス(愛称:STEP-I)」といいます。

「ドルコスト平均法」とは?

「積立投資」は、「株式」や「投資信託」などの価格が変動する金融商品を定期的に同じ金額ずつ買付ける「ドルコスト平均法」という投資方法を用います。たとえば、60万円を一度に買付けするのではなく、毎月5万円ずつ12回に分けて買付けするといったイメージです。

このように、「投資信託」を「ドルコスト平均法」を用いて毎月一定金額で買付けすると、価格が低いときは買付け数量が多くなり、価格が高いときは買付け数量が少なくなります。
つまり、低いときに多く、高いときには少なく買付けすることになるので相対的に買付価格を抑えることができるのです。こうしたことから「ドルコスト平均法」は長期の資産形成に向いている運用方法といわれています。

  1. Lesson1 Lesson1

    はじめての投資は
    「コツコツ積立」が
    おすすめ!

    長期運用で資産形成しよう

  2. Lesson1 Lesson1

    「一括投資」と
    「積立投資」は
    どっちがおすすめ?

    シミュレーション結果を公開

  3. Lesson1 Lesson1

    投資の「リスク」と
    「リスク分散」とは?

    分散投資の効果も解説

  4. Lesson1 Lesson1

    「投資初心者」は
    「投資信託の積立投資」
    から!

    おすすめしたい4つの理由

  5. Lesson1 Lesson1

    「つみたてNISA」を
    活用しよう!

    利用者数や年代別の
    平均買付額は?

  6. Lesson1 Lesson1

    投資経験者の
    体験談3選

    アンケート調査からみる
    大事なポイント

まずは口座開設から!投資信託のはじめ方 まずは口座開設から!投資信託のはじめ方

WEBで投資信託を
はじめる

  1. 1

    普通預金口座(投資信託決済用口座)を開設する

    まずは岩手銀行の普通預金口座が必要となります。

  2. 2

    WEBフォームへのアクセス

    下の「WEBではじめる」ボタンからお申込みフォームへアクセスしていただきます。

  3. 3

    お申込み

    必要事項をご入力いただきます。
    ご本人さま確認・マイナンバー確認のため、
    下記いずれかの「ご本人さま確認資料」をアップロードいただきます。

    ご本人さま
    確認書類
    「マイナンバーカード」
      または
    「運転免許証」+「マイナンバー通知カード」
  4. 4

    メールでのご通知

    手続き完了のご案内をメールにてご通知します。
    口座開設が完了したお客さまには、郵送で口座開設のご案内を送付いたします。

    ※店頭での取引時確認が完了していないお客さまには、別途確認のための書面を送付いたします。お受取りが確認できるまで口座を開設いたしませんので、予めご了承ください。

WEBではじめる

もっと詳しく知りたい方はこちら

店頭窓口で
投資信託をはじめる

  1. 1

    普通預金口座(投資信託決済用口座)を開設する

    まずは岩手銀行の普通預金口座が必要となります。

  2. 2

    お近くの店舗で投資信託口座を開設する

    ご用意
    いただくもの
    1. ご本人確認書類
    2. 普通預金口座のご印鑑
    3. 普通預金口座のご通帳
    4. マイナンバーを確認できる書類
    お近くの店舗を探す
  3. 3

    インターネットバンキングの契約

    インターネットでのお申込みとなります。岩手銀行ホームページ上からお申込みいただけます。
    ※当行にキャッシュカード発行済みの普通預金口座をお持ちの方のみお申込みいただけます。

    インターネットバンキングお申し込み
  4. 4

    インターネット投資信託を申込む

    インターネット投資信託のお申込みはインターネットバンキング上でお手続きが可能です。

    インターネット投資信託について詳しく見る
お近くの店舗を探す

商号:株式会社 岩手銀行
登録金融機関:東北財務局長(登金)第3号
加入協会:日本証券業協会

COPYRIGHT © THE BANK OF IWATE, LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.