はじめての投資信託

Lesson5 Lesson5
「つみたてNISA」を
活用しよう!
利用者数や年代別の平均買付額は?

●必ずご確認ください

我が国の個人金融資産が「貯蓄」に偏っていることから「資産形成」への流れを促進・支援するために、少額投資非課税制度(我が国では「NISA(ニーサ)」と呼称されています。)が導入されました。

  • 少額投資非課税制度には、年間120万円を非課税投資枠とするNISA(以下、便宜上「一般NISA」といいます。)のほかに、年間40万円を非課税累積投資枠とする「つみたてNISA」、0~19歳を対象に年間80万円を非課税投資枠とする「ジュニアNISA」があります。

「NISA(ニーサ)」のはじまり

2014年1月に「一般NISA」がスタートし、その後、 「積立投資」による資産形成の有効性を生かした非課税制度として、 2018年1月から「つみたてNISA」がスタートしました。 2014年1月に「一般NISA」がスタートし、その後、「積立投資」による資産形成の有効性を生かした非課税制度として、2018年1月から「つみたてNISA」がスタートしました。

「つみたてNISA」は、日本国内に居住している20歳以上(口座開設をした年の1月1日時点)の方であれば利用可能です。ただし、「一般NISA」との併用はできないため、いずれか一方を選択しなければなりません。
非課税となるのは、投資信託から得られる分配金や譲渡益です。通常、分配金や譲渡益には、20.315%の税金がかかるところ、特別措置で非課税となっています。
「つみたてNISA」の非課税枠は毎年最高40万円で、最長20年間、最大で800万円まで利用可能です。投資対象は、金融庁が定めた「長期・積立・分散」投資に適した一定の投資信託に限られるため、「投資初心者」の方でも安心して利用できます。

【つみたてNISAの制度概要】

利用対象者 日本に住んでいる20歳以上(口座開設をした年の1月1日時点)の個人
*「つみたてNISA」と「一般NISA」の併用は不可
非課税の対象 投資信託からの分配金や譲渡益
非課税投資枠 非課税投資枠 毎年40万円まで(20年間で最大800万円まで)
* 各月の積立金額を均等にした場合の積立上限額は、33,333円(40万円 ÷ 12カ月)
非課税期間 最長20年間
投資対象商品 金融庁が定めた基準を満たした「長期・積立・分散」投資に適したもので、購入時手数料がなく、信託報酬率が一定以下に設定されている投資信託

「一般NISA」や「つみたてNISA」の積立額は平均いくら?

これから実際に「一般NISA」や「つみたてNISA」を利用して資産形成を始めてみようと思ったときに、「他の人はいくらぐらい積み立てているのだろう?」と気になりませんか?
今回は、「一般NISA」と「つみたてNISA」の利用者数や平均買付額について解説していきます。
同年代の平均買付額を参考に、ご自身の将来に向けた資産形成として「一般NISA」や「つみたてNISA」を利用して「投資信託の積立投資」を検討してみてはいかがでしょうか。

NISAの利用者数は増加している

日本証券業協会の「NISA口座開設・利用状況調査結果(2021年9月30日現在)」によると、次のとおり年を追うごとにNISAの口座開設数は増加傾向にあります。
特に注目されるのが「つみたてNISA」の口座開設数です。2021年1月から9月までの9ヵ月間で、新たに133万口座が開設されました。

【口座開設数の推移】

調査年 一般NISA つみたてNISA
2014年末 513万口座 制度未開始
2015年末 590万口座
2016年末 628万口座
2017年末 648万口座
2018年末 685万口座 53万口座
2019年末 703万口座 95万口座
2020年末 742万口座 172万口座
2021年9月末 762万口座 305万口座

「投資初心者」の利用が増加

日本証券業協会の調査では、NISA口座を開設した人のうち「投資未経験者の割合の推移」をまとめたものがあります。このデータから「投資未経験者(=投資初心者)」のNISA利用の割合も増加傾向にあることがわかります。

2021年9月末時点の調査では、「一般NISA」を開設した人のうち約46%が、「つみたてNISA」を開設した人のうち約86%が「投資初心者」でした。
この結果からNISAは特に「投資初心者」の方が資産運用に踏み切るきっかけとなった制度であることがわかります。

【投資未経験者(投資初心者)の割合の推移】

調査年 一般NISA つみたてNISA
2014年末 15.6% 制度未開始
2015年末 22.9%
2016年末 26.6%
2017年末 30.3%
2018年末 35.2% 59.0%
2019年末 38.4% 70.7%
2020年末 42.8% 80.5%
2021年9月末 46.2% 86.2%

NISAの年代別平均買付額

実際に、NISAを利用してどれくらいの金額を運用しているのでしょうか。
金融庁の「NISA・ジュニアNISA利用状況調査(2021年9月末時点)」によると、年代ごとの「一般NISA」の利用状況は次のようになっています。

年代 口座数 買付額 平均買付額
20代 44万2,423口座 7,252億4,150万円 163.9万円
30代 125万4,087口座 2兆2,246億2,467万円 177.4万円
40代 186万9,904口座 3兆3,106億2,971万円 177.0万円
50代 219万2,526口座 4兆999億6,209万円 187.0万円
60代 259万9,298口座 6兆4,734億3.014万円 249.0万円
70代 265万9,296口座 5兆1,518億182万円 193.7万円
80代以上 138万7,410口座 1兆5,658億1,380万円 112.9万円

「一般NISA」の口座数が最も多い年代は、70代の約265万口座で、順に60代が約259万口座、50代が約219万口座となっています。平均買付額が最も高額な年代は、60代の約249万円で、順に70代が約194万円、50代が約187万円と続きます。
20代や30代の口座数は他の年代よりも少なくなっていますが、シニア世代よりも所得水準が少ないながらも平均買付額は、160万円~180万円となっており、若年層においても「一般NISA」を利用して積極的に資産運用を行っていることがうかがえます。

「つみたてNISA」の年代別平均買付額

次に、「つみたてNISA」の年代別の口座数と平均買付額をみてみましょう。

年代 口座数 買付額 平均買付額
20代 94万8,039口座 1,890億4,922万円 19.9万円
30代 134万2,273口座 3,652億7,233万円 27.2万円
40代 116万2,129口座 3,432億8,447万円 29.5万円
50代 77万9,843口座 2,305億2,097万円 29.6万円
60代 34万9,857口座 1,172億27万円 33.5万円
70代 12万5,320口座 412億4,659万円 32.9万円
80代以上 1万9,994口座 47億6,687万円 23.8万円

「つみたてNISA」の口座数が最も多い年代は、30代の約134万口座で、順に40代が約116万口座、20代が約94万口座となっています。
この調査結果から20代から40代が「つみたてNISA」を積極的に利用していることがわかります。将来に向けた資産形成に関する意識の高まりから、若年層が「つみたてNISA」を利用して堅実に「長期・積立・分散」投資を行っている様子がうかがえます。

  1. Lesson1 Lesson1

    はじめての投資は
    「コツコツ積立」が
    おすすめ!

    長期運用で資産形成しよう

  2. Lesson1 Lesson1

    「一括投資」と
    「積立投資」は
    どっちがおすすめ?

    シミュレーション結果を公開

  3. Lesson1 Lesson1

    投資の「リスク」と
    「リスク分散」とは?

    分散投資の効果も解説

  4. Lesson1 Lesson1

    「投資初心者」は
    「投資信託の積立投資」
    から!

    おすすめしたい4つの理由

  5. Lesson1 Lesson1

    「つみたてNISA」を
    活用しよう!

    利用者数や年代別の
    平均買付額は?

  6. Lesson1 Lesson1

    投資経験者の
    体験談3選

    アンケート調査からみる
    大事なポイント

まずは口座開設から!投資信託のはじめ方 まずは口座開設から!投資信託のはじめ方

WEBで投資信託を
はじめる

  1. 1

    普通預金口座(投資信託決済用口座)を開設する

    まずは岩手銀行の普通預金口座が必要となります。

  2. 2

    WEBフォームへのアクセス

    下の「WEBではじめる」ボタンからお申込みフォームへアクセスしていただきます。

  3. 3

    お申込み

    必要事項をご入力いただきます。
    ご本人さま確認・マイナンバー確認のため、
    下記いずれかの「ご本人さま確認資料」をアップロードいただきます。

    ご本人さま
    確認書類
    「マイナンバーカード」
      または
    「運転免許証」+「マイナンバー通知カード」
  4. 4

    メールでのご通知

    手続き完了のご案内をメールにてご通知します。
    口座開設が完了したお客さまには、郵送で口座開設のご案内を送付いたします。

    ※店頭での取引時確認が完了していないお客さまには、別途確認のための書面を送付いたします。お受取りが確認できるまで口座を開設いたしませんので、予めご了承ください。

WEBではじめる

もっと詳しく知りたい方はこちら

店頭窓口で
投資信託をはじめる

  1. 1

    普通預金口座(投資信託決済用口座)を開設する

    まずは岩手銀行の普通預金口座が必要となります。

  2. 2

    お近くの店舗で投資信託口座を開設する

    ご用意
    いただくもの
    1. ご本人確認書類
    2. 普通預金口座のご印鑑
    3. 普通預金口座のご通帳
    4. マイナンバーを確認できる書類
    お近くの店舗を探す
  3. 3

    インターネットバンキングの契約

    インターネットでのお申込みとなります。岩手銀行ホームページ上からお申込みいただけます。
    ※当行にキャッシュカード発行済みの普通預金口座をお持ちの方のみお申込みいただけます。

    インターネットバンキングお申し込み
  4. 4

    インターネット投資信託を申込む

    インターネット投資信託のお申込みはインターネットバンキング上でお手続きが可能です。

    インターネット投資信託について詳しく見る
お近くの店舗を探す

商号:株式会社 岩手銀行
登録金融機関:東北財務局長(登金)第3号
加入協会:日本証券業協会

COPYRIGHT © THE BANK OF IWATE, LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.