頭取メッセージ

代表取締役頭取 田口幸雄

代表取締役頭取 田口幸雄

 平素より、岩手銀行をご利用、お引き立ていただき、誠にありがとうございます。あわせまして、新型コロナウイルスの感染拡大により影響を受けられている皆さまに、心よりお見舞いを申しあげます。

 当行では、2019年4月よりスタートした中期経営計画「いわぎんフロンティアプラン ~To the Next~」に基づき、「地域の未来を共に創るCSVの実践」をテーマとしてさまざまな取組みを進めています。CSV(Creating Shared Value)とは、「共通価値の創造」を意味します。本計画では、お客さまとの関係性強化に努め、地域の課題に正面から向き合い、その解決に取り組んでいくことで地域と当行にとっての共通価値を創造し、ともに成長していくことを目指しています。
 計画2年目である2020年度につきましては、新型コロナウイルスの影響を受けられているお取引先企業の資金繰り支援に注力したほか、WEBを活用したセミナーや商談会などを開催し、新たなビジネススタイルに挑戦されるお客さまの取組みを積極的に後押ししました。また、地域が抱える課題に機動的・専門的に対応するため、事業承継支援業務ならびに事業戦略策定などの経営支援業務を行う「いわぎんコンサルティング㈱」と、販路やブランディングに関する支援業務のほか、域内循環型事業の企画・運営など地域商社事業を行う「manordaいわて㈱」を当行全額出資のもと設立しました。加えて、デジタル戦略を担う専門部署である「DX Lab」を行内に新設し、デジタルトランスフォーメーションへの取り組みをさらに強化しています。

 当行のコーポレートメッセージである「信頼の、さらにその先へ。」は、お客さまに当行を「信じて頼って」いただき、さらにそれ以上の強い信頼関係を築くことを目指していく、という想いを込めています。当行は今後とも地域のみなさまに「信頼」され選ばれる銀行であるよう、役職員一同全力を尽くしてまいりますので、一層のご支援、ご愛顧を賜りますようお願い申しあげます。


2021年6月

代表取締役頭取
田口幸雄