最終更新日 : 2015年6月23日

リスク管理体制

リスク管理に対する基本的な考え方

当行は、リスク管理にあたってはコンプライアンス(法令等遵守)が根幹であり、役職員一人ひとりがリスク管理の重要性を十分に理解することが基本であると考えています。
そして、自らの責任においてリスクを正確に把握・分析し、適切に管理・運営していくことが極めて重要であると認識し、リスク管理態勢の強化・充実に取り組んでいます。
リスク管理態勢を確実なものとするために「リスク管理基本規程」を制定し、統合的リスク管理の基本方針を定めるとともに、信用リスク、市場リスク、流動性リスク、オペレーショナル・リスクの4つの管理すべきリスクについて、定義、基本方針、責任体制等を明確に定めています。また、各種リスクの統合的管理部署としてリスク統括部を設置し、リスク管理状況のモニタリング等により、リスクの一元的な管理を実施しています。

統合リスク管理

当行では経営の健全性の維持・向上を図るとともに、収益性を向上させるためには、個々のリスクを別々に管理するだけではなく、計量化可能なリスクを一元的に把握し、全行的な観点からリスクの全体像を把握する必要があると考えています。
具体的には、毎期部門別にリスク資本を配賦し、経営体力である自己資本の一定範囲内にリスクをコントロールする体制をとっているほか、リスクテイクによるリターンの追求を指向して適切に経営資源の配分を行う統合リスク管理の高度化に取り組んでいます。
また、統合ストレス・テストを実施し、計量化が難しいリスクを含めた自己資本充実度の検証を行っています。

管理するリスクの種類と定義

信用リスク信用供与先の財政状況の悪化等により、資産(オフバランス資産を含む)の価値が減少ないし消失し、損失を被るリスク
市場リスク金利リスク金利変動に伴い損失を被るリスクで、資産と負債の金利または期間のミスマッチが存在している中で金利が変動することにより、利益が低下ないし損失を被るリスク
価格変動リスク有価証券等の価格の変動に伴って資産価値が減少するリスク
為替リスク外貨建資産・負債についてネットベースで資産超または負債ポジションが造成されていた場合に、為替の価格が当初予定されていた価格と相違することによって損失が発生するリスク
流動性リスク資金繰りリスク予期せぬ資金の流失等により資金繰りがつかなくなる場合や、通常よりも著しく不利な価格での取引を余儀なくされていることにより損失を被るリスク
市場流動性リスク市場の混乱等により市場において取引ができなかったり、通常よりも著しく不利な価格での取引を余儀なくされていることにより損失を被るリスク
オペレーショナル・リスク業務の過程、役職員の活動若しくはシステムが不適切であること、または外生的な事象により損失を被るリスク
事務リスク役職員が正確な事務を怠る、あるいは事故・不正等を起こすことにより損失を被るリスク
システムリスクコンピュータシステムのダウンまたは誤作動等、システムの不備等に伴い損失を被るリスク、およびコンピュータが不正に使用されることにより損失を被るリスク
法務リスク法令遵守違反や契約不履行の行為等により損失を被るリスク(他のリスクに係るものを除く)
人的リスク人事運営上の不公平・不公正・差別的行為等により当行が損失を被るリスク
有形資産リスク災害、不法行為により当行の有形固定資産が毀損等により損失を被るリスク
風評リスク事実と異なる風説、風評により評判が悪化することなどにより当行の信用が低下し、損失を被るリスク

当行のリスク管理体制

リスク管理体制の体系図
ページトップへ戻る